モラハラ被害体験談C 食品工場 20代男性

モラハラ被害体験談C 食品工場 20代男性

モラハラ被害体験談C 食品工場で働く20代男性が遭遇したモラハラ

業種:食品工場

 

被害者の立場:部下

 

<モラハラ相手のプロフィール>
年齢:40代後半
性別:男性
立場:上司

 

 

私は大学卒業をして新卒で入社した食品工場で「モラハラ」に遭遇しました。

 

 

私にモラハラをしたのは、当時の上司でした。
その上司は有名大学を卒業した勉強エリート。年齢は40代後半で、性格はおとなしく地味な人でした。

 

 

初めの頃はとてもその上司は優しかったです。
私自身も自分で言うのも何ですが愛嬌がとてもある方なので、上司ともすぐに仲良くなれました。
休憩時間も一緒に食事を取る仲で、私は休憩時間も上司に仕事の事を貪欲に聞きました。

 

 

しかし、私が仕事を覚えていく度に、上司の態度は徐々に変わっていきました。
当時の私は仕事の容量も良く愛嬌が良かったので、パートのオバさんやアルバイトの学生さんともとても仲良かったです。
パート・アルバイトの人たちも、仕事などの質問を愛嬌の無い上司よりも、私に聞くようになってきました。
自分より後から入ってきた新人が周りからチヤホヤされていたのが、上司は気に入らなかったのか、それ以降、私にモラハラをやってくるようになってきました。

 

 

 

モラハラの内容

『1.仲間外れ』
仲間外れをされたのには、流石に驚きました。
正社員同士が話をしている中に私が「何かありました?」と言ったら「新人のオマエには関係ねえから」と話に入れてくれない事が多くなりました。
他にも昼食の時も、自分が座れないように、椅子にカバンなどを置くなどの嫌がらせなどもしてきました。

 

 

『2.自分にやたら怒る』
私に関してかなりモラハラ上司は怒ってきました。
小さなミスに関しても「何やってんだよ馬鹿かよ」などと子供のような悪口を言ってきました。

 

 

『3.オマエ呼ばわり』 
入社したときは名字で呼んでいたのですが、モラハラが始まってからは「オマエ」と呼び名が変わりました。

 

 

『4.責任を押し付ける』
食品工場は流れ作業で一人一人が担当の食材を割り振られて置いていくのですが、繁忙期は時間内に決められた数のお弁当を完成出来ない時があります。
そうなると、モラハラ上司は「あ〜あ。おまえのせいで遅れたよ。みんな残業する事になって可哀想」と言ってきて、遅くなったのを私だけのせいにしました。
そのモラハラ上司が私の部署の1番地位が高い人なのに、仕事の責任を全部新人の私に押し付けるのはおかしいですよね。

 

 

『5.変な噂を立てる』
「アイツは借金が凄い」
「アイツは人の悪口ばかり普段は言っている」
などと、周りの人に言いふらしていました。

 

 

 

モラハラを受けた結果…

 

『1.体調面が悪くなった』
モラハラのせいで、仕事に行く前はストレスを感じ、嗚咽することもありました。
下痢になったりもしました。

 

 

『2.モチベーションが下がった』
仕事を頑張っても上司は全く評価をしないので、仕事のモチベーションが下がりました。

 

 

『3.周りからの評価が落ちた』
モラハラ上司が変な噂を立てるせいで、パートやアルバイトの人からの評価が落ちました。
特に仲の良かったパート・アルバイトの人は「あの人性格悪いよね〜。〇〇君。気にしなくて良いよ」と同情してくれましたが、他の人達は上司の事を鵜呑みにしていました。

 

 

どうやって解決したのか

この問題を解決するために、上司からのモラハラを受けている現場の様子を携帯で録音しました。
私は上司が休憩時間に近づいてきたら携帯の録音機能をオンにして、暴言などを吐いてくる現場を録音しました。

 

その録音したデータを人事部へ持って行って、上司のモラハラをバラす事に成功。
上司は直々に本部の人に怒られて、それ以降はおとなしくなりました。

 

 

感想

世の中にはモラハラをされている人はたくさんいると思います。
中にはモラハラに対して何も動かないで耐え続けている人もいます。

 

しかし、それではモラハラは終わらないです。大事なのはしっかりと言質などを取って本部や労働組合などに報告をして対処してもらう事です。
モラハラを行う先輩や上司はアナタが仕事を辞めた後も、他の後輩や部下に対してモラハラを行います。他の被害者を防ぐためにも、勇気を出してモラハラ人間を退治しましょう。

 

 

 

CHECK

この方は自身で暴言を録音し、人事部に赴き、被害を訴えました。
このような対処ができたのも、周囲にモラハラの状況をわかってくれる人がいたこと、しっかりとした労働組合があったことが良かったのだと思います。

 

誰にも相談できないと、孤独感から精神的に疲弊していくものです。
職場の人に相談しづらい場合は、社外の人間に相談し、味方がいることを実感することが大切です。

 

それは家族であったり、カウンセラーであったり、人それぞれでしょう。

 

 

今すぐに誰かに話をしたい!という場合は電話占いがおすすめです。


 

関連ページ

モラハラ被害体験談@ 建設会社(家族経営)20代男性
モラハラ被害体験談@ 家族経営の建設会社で働く20代後半男性のモラハラ被害の体験談をご紹介しています。
モラハラ被害体験談A 航空会社勤務の30代女性
モラハラ被害体験談A  航空会社勤務の30代女性のモラハラ被害の体験談を紹介しています。
モラハラ体験談B 介護施設 30代後半女性
モラハラ体験談B 介護施設で働いていた30代後半女性のモラハラ被害の体験談です。
モラハラ被害体験談D 金融機関に勤める20代女性
モラハラ被害体験談D 金融機関で働く20代女性のモラハラ被害の体験談をご紹介しています。

ホーム RSS購読 サイトマップ
モラハラ体験談 モラハラ加害者の特徴